« Qゴト? | トップページ | アメリカとNEWSmile »

2007年2月20日 (火)

プレミアム

さっきようやく視聴。

思ったことはたくさんありました。
ありすぎて、どう書いたらいいのかわからない。(蹴)

太一さんは話を「聴く」のが上手いね。「引き出す」のも上手い。
Pちゃん、安心して話せていたようですね。

ちょっと、話しすぎちゃった?(笑)

でも、ありがとう。
あなたの口からいろいろ聞けて、嬉しかった。

1ヶ月限定だったとは知らなかったわ。「期間限定」「コンビニ限定」は知ってたけど。

そりゃ、無難にやり過ごしとこう、って考えちゃっても、ある意味仕方ないかな。

「斗真たちと」デビューするんだ、って、思ってたのね。そりゃそうよね。みんなそう思ってたでしょう。(殴)

そうじゃない、って知ったとき、どんな感じだった?

ううん、いいや、聞かない。(言ってないし。)

社長の考えは『絶対』なんでしょうからね。

でもね、結果的に斗真の【庇護】の中でデビューするより、あなたにとっては良かったのかもしれないな、って思う。
あくまでも個人的な思いだけどね。

「液体事件」の時の斗真の反応、事実かどうかはわかりませんが、Pちゃんを避難させ、すぐにミネラルウォーターで口を漱がせたって話。
相手に食って掛かった仁とは(それにもグッとくるものはあったんだけど)対照的な反応。
それを読んだ時、私は山斗に落ちたのかも。

斗真なら、ペットボトルを倒す前に支えてくれる。車のドアだって、すぐに閉めてくれる。

MCは全て任せられる。

いつもすばやくフォローしてくれる。

あなたはただふんわりとそこにいれば良かった。

でもね、社長はその選択をしなかった。

あなたが【庇護】されるべき「少年」から脱却しつつあることを見抜いていたのか、あるいは無理にでもそうさせる必要があると思ったのか、何にせよ、あなたにとって『最良』は何なのか、考えた上での選択だったと思う。思いたい。
営業戦略だったとは、思いたくないな。

                                         

それで、今のあなたがいるのよ。

あなたもそれをわかっているよね。

最初から俳優志望だったPちゃん。

「斗真たち」と一緒の方がそっちに専念できたかもしれない。

どっちの道が良かった、なんて事はないの。

Pちゃんも、斗真も、亮ちゃんも慶ちゃんもシゲもテゴもまっすーも、そしてカザマやハセジュンも

『今』を生きているんだから。

そして『これから』を歩んでいくんだから、ね。

                                        
                                    

                                      
                                    
                                        
                                   
                        

古くからのP担とま担、及び山斗担の皆様、そしてNEWS担の皆様、勝手なことを書いて申し訳ありませんでした。
全て私の個人的な思い込みであることを明記し、不快な思いを持たれました方には、お詫び申し上げます。

でも、この『プレミアム』については、また書くかもしれません。お暇な方だけ、お付き合い下さいませ。

では、一旦おしまい。

Ciao♪

                             
                                  
                            
P.S.
辰巳くんが怪我をしたそうで。病院まで行った、ってことはかなり酷かったのかな。
でも、まずは大丈夫そうで一安心。
本人がトマゴトを借りてメッセをくれてましたが、それについて一言だけ。
辰巳くん、あなたのいない、その舞台「だけ」を観た人もいるのよ。
演る側にとって81分の1でも、観る側にとっては1分の1かもしれないの。
皆が複数回観れる訳じゃない。だからそのことに、一言でいいから、触れて欲しかったな。
光一さんがいつも言ってる事よ。「全ての公演が、観る側にとっては大切な1回」
でも、M.A.D.の結束力を見せ付けた出来事だったようですね。
もちろん、チーム『SHOCK』全員に言える事ですが。
早朝から全員でフォローのために頑張った。
その素晴らしい「1回」を観れた方、貴重でしたね。

関係ないことをつらつらとごめんなさい。
蛇足でした。

では、仕事に行ってきます。

|

« Qゴト? | トップページ | アメリカとNEWSmile »

コメント

QOOちゃん♪お久智久~♪
横アリから帰って来たよ~♪
まだ変な?余韻でもぁ~っとした感じでプレミアム見ました(汗)
にこにこ過去映像を見ていたぴぃだけど
斗真達が映った時は表情変わったね…
切なそうな…泣きそうな…遠くを見てるような…
私は斗真やタッキーに愛されて守られてる時のぴぃが大好きだけどね(汗)
今はりっぱなリーダーに成長しました!それもアリだね(笑)
さぁ~私も大阪に向けて頑張りますわ!(何を?)
QOOちゃんはいつ来るんだっけ?

投稿: みぃまま | 2007年2月20日 (火) 11時57分

初めまして。
ミネラルウォーターではなく水呑場の水道水です。
斗真自身がPの肩を抱いてそこまで連れていきました。
仁を止めたのは斗真と中丸。
斗真は携帯からマネージャーに電話していました。
オリキにも避難というかこの場から去るように言いました。
思い出すのも嫌な事だけど・・・・

確かにそうかもしれません。
斗真にあれだけ守られたままじゃあPも今のように成長出来なかったでしょう。
斗真だってPの隣にいるだけじゃなく、センターに立ちたい気持ちもあったでしょうしね。
勝手な事を長々と語ってしまいました失礼しました。

投稿: 愛 | 2007年2月20日 (火) 15時58分

みぃままちゃんへ
今日は突然の迷惑メール、ごめんなさい。私、何にも協力できなくて、頼んでばかりで本当にごめんなさい。
横アリ、どうだった?今度ゆっくり聞かせてね。長文メール大歓迎!(笑)
大阪私は11日の2部だけ参戦します。朝イチの電車で行くけど、着くのは3時頃かな。グッズは半諦めムードです。ウチワとペンラはお智達に頼んだけど、パンフどうしようかな、と思って。終演後でも買えるかな?って、9時過ぎには梅田に戻らなきゃなんだけどね。そんなスケだけど、ちょっとでも会えそうだったら連絡下さ~い!

投稿: QOO | 2007年2月20日 (火) 22時31分

愛さんへ
はじめまして、愛さん!コメント、本当にありがとうございます。
そうでしたか、水道水。教えてくださってありがとうございました。嫌な事を思い出させてしまい、申し訳ありませんでした。何か、あの出来事はPちゃんを語る時、私の中でどうしても外せない大きな出来事なんです。愛さんはその場にいらしたんですか?さぞ動揺されたことでしょう。本当にすみませんでした。
私、愛さんからのコメ、何度も何度も読み返しています。今も。愛さんの言葉を噛み締めています。そうですね、斗真だって、センターに・・・。
先日お智達から貰ったメールに書いてあった言葉を思い出しました。斗真とPちゃんだったらどっちが金、あるいは銀なのか。答えが出なくてお返事出してなかったんだけど、今私の中で答えが見つかりました。
2人とも金で、2人とも銀、なんだと思います。だから、組めなかったのかも。
長々と妙なお返事となってしまい、申し訳ありませんでした。呆れずにまたお寄りいただけましたら、嬉しく思います。よろしければ新規な私にいろいろ聞かせてください。
よろしくお願いします。

投稿: QOO | 2007年2月20日 (火) 22時42分

QOOさん、こんばんは。

時々、おじゃましていたんですが、コメントはお久しぶりですね。

少クラプレミアムの記事、QOOさんの斗真くんへの愛を感じました。そういう風には全然見てませんでしたから。

読んでいて、キンキキッズのことを思い出してしまいました。CDデビュー前からのファンなんですが、キンキの2人のことをそんな風に思っていたんです。現実は2人とも、趣味も好みも音楽センスも全然違っていて、光ちゃんには長瀬という親友もいるし、ただの相方なんですが。それでも、たとえば死ぬ時に思い出すのは家族でも親友でもなくて、お互いのことなんじゃないかなあ、なんて今でも思っているんですよ。

Pちゃんは私のとってナンバー1であり、オンリー1なので、こういう風には思いませんが、Pちゃんのことを思ってくれているのだなと思うとそのことが単純に嬉しくなります。

最近だと、亮ちゃんがコンで、「もう絶対裏切らないから」とファンの人たちに言ったらしいんですが、それがすごくうれしかったのね。亮ちゃんが言うと重みがあるんだけど、少し違和感もあるの。なんで亮ちゃんがこの言葉を言うんだろうって。亮ちゃんは関ジャニがあるから複雑だろうけど、NEWSのことは少し外から見てるようなところがあると思うの。で、考えてみると、この言葉はPちゃんのことを思っていったのかなって気がするんです。Pちゃんはメンバーの中でも1人NEWSという母体がなくても、やっていける人なのね。だからこそ、NEWS活動休止で傷ついただろうし、辛かったと思うの。それを亮ちゃんはわかっていてあの言葉になったんじゃないかな。もう絶対Pちゃんを傷つけたくないということだと、そう私は思ったんです。それで、すごくうれしくなったの。

斗真くん、亮ちゃん、タッキー、たぶん聖くんも、皆、Pちゃんのこと愛してて、Pちゃんを傷つけるものは絶対許さないって、気がする。Pちゃんは幸せですね。

QOOさんの書いてらっしゃることで、1つだけ、違うんじゃないかなと思うことがあるんです。私は4トップスではデビューがなかっただろうと思っているんです。そして、そのことはPちゃんも斗真くんも解っていただろうなって。だからこそ、NEWSの話が1ヶ月の期間限定でコンビニでの限定発売だったことに対して、うれしくなかったし、やり過ごそうという気持ちになったんだと思うんです。CDデビューという言葉が欲しかったって言っていましたよね。だから、本当はNEWSでやりたかったんじゃないのかなって、決まったんだったらがんばってやろうって決意していたような気がします。

私の勝手な思い込みかもしれませんが、、、。

NEWSでまた活動をできるのは本当に良かったと思います。何よりPちゃんがうれしそうなので。

投稿: youko | 2007年2月21日 (水) 22時49分

youkoさんへ
コメントありがとうございました。
レスが遅れてごめんなさい。
youkoさんのご意見、一つ一つの言葉が大変興味深かったです。貴重なご意見、ありがとうございました。
KinKiのお話、とてもよくわかります。
私、きっとあの時結婚してなかったら、子供ができなかったら、KinKiに行ってた、って自信を持って言えるし。(汗)
そう、あの2人は『親友』ではないの。でも、もっと深い。
Pちゃんと斗真もそうだと思っています。思いたいの。(笑)でもね、このまま離れていたらどうなってしまうのか。それは、何か、今は考えたくないです。(わがまま)
亮ちゃんは確かにPちゃんの事を思ってる。自分が守る、っていう使命感?みたいのを感じます。それが負担にならなければいいのだけれど。杞憂に終わることを祈ります。
とにかく、Pちゃんの笑顔がたくさん見れることが、今の私の望みです。
NEWS、頑張れ。あなたたちは、「これから」。
いつも勝手な事ばかり書いていてごめんなさい。また覗いていただければ嬉しいです。個人的にご意見等ございましたら、→のメール送信欄から、お気軽にどうぞ。

投稿: QOO | 2007年2月23日 (金) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Qゴト? | トップページ | アメリカとNEWSmile »